■プロフィール

MOMO.UK

Author:MOMO.UK
2005年2月より、旦那様と2人でロンドンに暮らしています。昨年の4月に双子の娘(姫&ぶちょー)を出産。家族が増えました。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
中欧旅行 ボスニア編

今日はドブロブニクからバスでモスタルというボスニアの街へ。
昨日の時点でバスのチケットを買っていなかったので、少し余裕をもってバスターミナルに
行ってみたのだけど、乗りたかったバスは既に売り切れ。

こんなにバックパッカーがいるのに、もう少し便を増やしてほしいよ。ほんとに。

仕方なく、1時間まって、乗り換えで行くことに。
乗り換えのバスターミナルで待つことさらに1時間半。
英語が通じないので、いつくるのか、ほんとに辿り着けるのかほんとに不安。
少ししか席の空いていないバスが来た時には、いすとりゲームのように席の取り合いです。

なんとかバスには乗れたものの、モスタルのバスターミナルはムスリム人側に到着。
ここではなんとクロアチア人とムスリム人が橋を隔てて住み分けされているらしく、
バスターミナルも二つ。。。

仕方なく、ゴロゴロ荷物を引きずってもう一つのバスターミナルへ。ここで夕方のサラエボ行きの
チケットを予約。
(予約といってもおばさんがそれっぽい紙に時間を書いて渡すだけ。。大丈夫なのかしら)

この辺りの建物は、空家が多く、弾丸の跡が残っている家も多い。
それだけでちょっとピリピリ↓ 右側の建物の壁が穴だらけなのがわかりますか?


そしてダンナ様の目的、石橋へ。




この橋は戦争のときに壊されたものを、最近復元したというもの。
観光客も結構多くて、お金もユーロ、クロアチアクーナ、ボスニアマルクが使えてびっくり。


橋から飛び込むパフォーマンスをして、お金をもらっている人もいました。すごい勇気。
ムスリム側には教会ではなくモスクがあったりして、同じ街なのに、こうやって
人が住み分けているというのはちょっと不思議な感じがしたのでした。
宗教や民族のことは島国育ちの私達にはなかなか理解ができないよね。

スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

旅行 | 23:10:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。