■プロフィール

MOMO.UK

Author:MOMO.UK
2005年2月より、旦那様と2人でロンドンに暮らしています。昨年の4月に双子の娘(姫&ぶちょー)を出産。家族が増えました。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アイアンブリッジ

今日の目的地は朝起きてから決定。
ちょっと出遅れたけれど、まだまだ日が長いイギリスの夏は大丈夫!と、
以前から旦那様のリクエストのあった、アイアンブリッジへ行ってきました。


場所はロンドンからは北西。およそ3時間のドライブで到着しました。
その名の通り、鉄の橋なのですが、産業革命の頃(1779年)に、世界で始めて作られた
鋳鉄の橋らしい。
その頃は他に鉄の橋がなかったので、こんな単純な名前になったのね。

↓アイアンブリッジ


この橋が架かっているSEVERN川の峡谷沿いには、産業革命当時に使用していた
鉄工所の炉の名残などもあり、イギリスでは小学生の社会科見学コースとか。
(日本で言うと、日光みたいな感じかしら。。)

そして、日光江戸村ならぬ、VICTORIAN TOWNというビクトリア時代の野外博物館
があったので、行って見ました。




まず入るとそこには昔の町並みがあり、銀行が。


銀行の中では、現在使われているポンドを昔のコインのレプリカに両替してくれます。
もちろん、この博物館内ではこのトークンを実際に使っても、お買い物や食事ができます。

敷地内には、当時の服装をしたスタッフの人が、実際にお家の中やお店にいて、
「これな~に?」と質問すると教えてくれたりするので、面白い。
うーん。大人でも勉強になります。

↓町の薬屋さん お店の一角に歯医者さんがあってその看板が
「GENTLE TOOTH EXTRACT」とありました。。。昔は抜くだけだったのねぇ~


他にも、製鉄所や石炭の採掘場、昔風の移動式サーカスなどなど、
思った以上に楽しめました。
お年寄り達も昔の生活を思い出して、生き生きしてたのがとっても印象的でしたー。
スポンサーサイト
散歩 | 04:45:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。