■プロフィール

MOMO.UK

Author:MOMO.UK
2005年2月より、旦那様と2人でロンドンに暮らしています。昨年の4月に双子の娘(姫&ぶちょー)を出産。家族が増えました。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
久しぶりのボランティアにて

今日は久しぶりにボランティアへ。両親が遊びに来ていたときから休みがちだったので
1ヶ月以上行ってないことになってしまってた。

ボランティアってほんとモチベーションをKEEPするのが大変。
今日も休んじゃおうっかなぁーという悪魔のささやきがギリギリまであったのだけど
振り切って出発。

事務所は寄付された洋服の山となっていました。。(誰も片付けないのかしら。。?)
今日から入ったという南アフリカからのボランティア、ヘレナと一緒に片付け開始。
(後で聞いたら彼女はイメージコンサルやってるらしい。。。私達がやっているのと同じような
ことをして、1時間£90チャージするのよ!と言っていた。そんなに高いんだ~!)

箱を開ける前は「どんなものが入っているかなぁ~」とちょっとクリスマスの朝の子供の
気分だけど、開けていつもがっかり。。
何故かベビー服や、スーツも裏地がビリビリ破れていたり、汗染みがあったりと
もう全部他のチャリティー送り決定!!
いつも思うけれど、こんな洋服をわざわざ箱につめて、送料自分もちで送ってくる人の
感覚がわからない。。 使えそうなスーツをドライクリーニングして収集地にDROPしてくれるほうがよっぽど助かるのにー。

そして1人目のクライアント登場




彼女は久しぶりのおデブさんでした。。。警察署での仕事の面接に行くっていうから
迫力があっていいかもしれないけど。。 サイズ26。(ちなみに私は6か8です。。)

数少ない大きなサイズのスーツを試したけれど、どれも着れず。。
仕方なく着ることができたTシャツと黒のジャケットだけ渡し、家にあるという黒いズボンに合わせてもらうことに。
足はイギリスでよくみる象足病のように足首がなくなっちゃうくらいむくんでいて、
靴も見つけられませんでした  病気だったら可愛そうだけど。

ヘレナはちょっと戸惑っていた様子。ま。こんなに難しい人は滅多に来ないから。。
と言っておいたけどね。

2人目は17歳のイスラム教の女の子。
敬虔な信者らしく、体の線が見えるようなものは駄目。くるぶしまでの長いスカートか
ズボンONLY。サイズは普通サイズだったので2、3着の試着で
黒いロング丈のジャケットとロングスカートに決定。

それからHIJAB(だったかな?)と呼ばれる頭をすっぽり覆う布が必要ということで
パシュミナをあげることに。このHIJAB、人にもよるらしいけれど、彼女の場合はどういう
布でもいいらしい。。。街では目以外を全て黒で覆っている人もよく見るけどね。

今のボーイフレンドと婚約してイスラム教徒になったんだって。17歳って、日本だったら
高校2年生。。結婚するっていうのもびっくりだけど、食べ物や服装まで「愛」の力で
変えられるんだなぁーと関心。。。

他のクライアントと同じように、シングルマザーになって戻って来ないでね!と
心の中で思ったおばさんだったのでした。。。

スポンサーサイト
ボランティア | 17:36:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。