■プロフィール

MOMO.UK

Author:MOMO.UK
2005年2月より、旦那様と2人でロンドンに暮らしています。昨年の4月に双子の娘(姫&ぶちょー)を出産。家族が増えました。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
北アイルランド旅行
週末を利用して北アイルランドへ行ってきました。
イギリス領なので、国内旅行なんですけどね。

いつも余裕をもって行動しようと思ってはいるものの、双子が一緒だと本当にバタバタ。

そして出発の日の朝もハプニング。


予定通りに家を出て車で走ること10分。
旦那様がなにげなく「飛行機のバウチャーって持ってきたよね?」

私「へ?私入れてないよ」

旦那様「なんで?僕知らないよ」

「えーっつ!!!どうしよう。。。。」

飛行機、ホテル、レンタカーのバウチャーを入れたファイルごと家に忘れてきてました。。。

たまにこういう大事なところで抜けている私。。。。
(っていうか、今回は私の責任みたいになってますけど、パッキングを私任せにしている
旦那様もわるいんじゃー)

仕方なく家まで逆戻り。行って帰って30分のロス。

せっかくお得なLONGSTAY PARKINGを事前に予約したのに、そこに停めると
巡回バスを待っている間にチェックインの時間が終わってしまうリスクある。ということで
ターミナルに一番近いSHORTSTAY PARKINGへやむなく停めました。。
駐車代がいくらかかるのか。車が果たして帰ってきたときに無事にあるのか。
旅行中ドキドキしっぱなしの小心者の私なのでした。

それでも無事にフライトには間に合い、なにはともあれ、しゅっぱーつ。



1時間のフライトで北アイルランドのベルファストへ。

北海道のようなすがすがしさで、あー。着て良かった!と思えました。
P1100431.jpg
レンタカーを借りてとりあえず北上。 途中あった海岸沿いの公園で一休み。

最初の目的地。CARRICK-A-REDEという吊橋。
P1100454.jpg
駐車場から橋までは1Kmほどのハイキングでしたが、途中まではバギーで。
そこからは抱っこ紐x2 でがんばりました。。
さすがにもう二人は10キロ。 階段もあったりして、いきなり体力消耗の母。。。

もちろん吊橋も気合で渡りましたよ~。
高所恐怖症ではない私でも、さすがにちょっと怖かったです。
P1100459.jpg
遠くからみるとこんな感じ。その昔、魚の良く取れる島へ渡るために架けられた橋らしいです。

そして、本日のメイン。
私がずーっと行ってみたかったGIANT'S CAUSWAYへ。
巨人の石道と呼ばれる六角形の石柱が並ぶ世界遺産の海岸です。
P1100480.jpg
ここは本当にすごかったー。 ここもバギーで海岸近くまで行くことができます。
バスも巡回しているのですが、天気がよかったので、お散歩がてら歩きました。
ぶちょーと姫がバギーから降りたがるのですが、さすがによちよちあるきにはちょっと危険なので
抱っこして石の上を移動。旦那様は軽々抱っこしてましたが、私。かなりびびってました。
今思えば危ないよ~と怒られそう。
ハイキングコースも沢山あって、かなりオススメです。

そして帰る途中でDUNLUCE CASTLEというお城に寄りました。
16世紀か17世紀あたりに建てられたお城らしく、ほとんど壊れてしまていました。
P1100530.jpg
そんなことはおかまいなしにきゃーきゃーはしゃぐぶちょーと姫なのでした。

スポンサーサイト
旅行 | 07:32:55 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
おー、行ってるねー。北アイルランドよさそうねぇ。
こちらももう日本です。
また帰ったら遊んで下さい。

>パッキングを私任せにしている旦那様もわるいんじゃー
そうそう、これ分かるわー。
攻められなくても自己嫌悪→でもこれって私だけのせい?と開き直り→逆切れ
ってのが我が家のパターンよ。
2009-08-26 水 08:48:16 | URL | ういろ [編集]
ういろさん>そっかー。もう日本なんだね。久しぶりの日本はどう?また飛行機のことなどいろいろと教えてね。北アイルランド、なかなかよかったよ。ハイキングのできるういろ家にはオススメでーす。
2009-08-30 日 06:07:38 | URL | MOMO [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。