■プロフィール

MOMO.UK

Author:MOMO.UK
2005年2月より、旦那様と2人でロンドンに暮らしています。昨年の4月に双子の娘(姫&ぶちょー)を出産。家族が増えました。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WALES 一日目

いまだ未開拓の地、ウェールズ地方へ行ってきました。
ウェールズの入り口まではロンドンから車で3時間弱。

ウェールズに来たんだなぁと思わせるのは看板↓

上が英語、下がウェールズ語。全ての道路標識、パンフレット、看板が二つの言語で
書かれています。日本にも方言はあるけれど、ここまで全てに徹底しているところは
ないよね。同じイギリスなのに。。。 しかも、全然読めません。 混乱する~。

ウェールズの首都、カーディフの近くにある、NEWPORT TRANSPORTER BRIDGE。
どうやら世界でも結構珍しい橋らしい。
ちょっと見づらいですが、ワイヤーでいかだのようなものが吊ってあり、片側の岸から
反対側へ動くような仕組み。 うーん。。どうして普通の橋を架けなかったのか。不思議。


人はもちろん車も4台くらいまでは乗せられます。乗ってみましたが、思ったよりも
早くて、あっという間に向こう岸へ。年に何回かは上の鉄橋を開放しているらしく、
歩いて渡れるとか。。。今日は開いてなくてよかった。。
(高い塔などがあると、必ず歩いて登りたいと言い出す旦那様と一緒の旅はドキドキ
しっぱなし)


さてさて、先を急ぎます。




今日の私のメイン、LAURA ASHLEYのご主人が所有しているLLANGOED HALLというマナーハウスに到着。
ここのカーテンやソファーなどのファブリックが全てLAURA ASHLEYだというので
アフタヌーンティーを期待していったのですが、たまたま結婚式が行われていて貸切。。残念。 
写真の家族も入れずに外から見ておりました。

敷地内にはElanbachの素敵な生地屋さんもありましたが、ちょうど到着したときには
既に閉まっていました。。こちらも残念。
日本に帰る前にはかならずリベンジで来たい(今度は泊まりで)ところ。

今日は泊まるところを予約せずに来たので、B&Bを探しながらドライブ。
WALESには平らなイギリスでは珍しく山があり、湖やダムなども多いらしい。
せっかくなのでダムに寄り道。

ダムといえば、コンクリートの壁をイメージしていたけれど、ここのはなんとブロック作り。
今にも、ドッカーンと崩れてきそうで、怖い。。

しかも近づいてみると。。。
このところの大雨でかなりの水量。。水圧でもブロックは意外と大丈夫なのかしら。。


なんとかB&Bも見つかり、ホテル隣接のPUBで夕食。
イギリス国内の旅行でがっかりなのは、どこへ行っても食べ物が一緒なところ。
日本ってそういう意味では、色んなところに名物があって楽しいよなぁ~。
スポンサーサイト
旅行 | 17:14:31 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
えぇぇ、こんなに違うの?英語とウェールズ語。
なんか、ぱっと見、音的にドイツ語っぽくない?
ウェールズ人はみんなバイリンガルってことでしょ?

確か、バルセロナもカタルーニャ語だかなんだかってのが表示されてたよね。
一緒にしたらいいのに・・・その方が便利じゃない?
2007-08-09 木 22:51:15 | URL | Nori [編集]
Nori>そうそう。ドイツ語っぽいよね。学校とかでも教えてるんだって。
でも日常英語のTV見て、英語で喋ったりしてたら、忘れちゃいそうだけどね。観光客にしたら、かなり迷惑。標識とかめちゃくちゃ見ずらかったし。
2007-08-12 日 20:54:24 | URL | MOMO [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。