■プロフィール

MOMO.UK

Author:MOMO.UK
2005年2月より、旦那様と2人でロンドンに暮らしています。昨年の4月に双子の娘(姫&ぶちょー)を出産。家族が増えました。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
内子

今回の日本滞在で楽しみにしていたことの一つ。内子へ行ってきました。
松山から内子へは車で1時間くらい。(たぶん高速を使えば30分くらいです)

内子は木蝋で栄えた町で、今も白壁の町並みが残っています。
木蝋の作り方がわかる資料館や、実際に今も和ろうそくを作っているところが見れたり
古い民家がそのまま公開されていたりして、ちょっとタイムスリップした気分。



そして前から行ってみたかった内子座へ。



もちろん中にも入れます。今でも年に何回かは実際に劇場として使用しているとか。
花道を歩いて舞台へ行ったり、舞台下の奈落へも降りてみました。



次回はしたの升席で歌舞伎を見てみたいわ~。

その後旦那様のリクエストで少し離れた弓削神社へ。
日本でも珍しい屋根付き橋(太鼓橋)がありました。



道のりの途中で見つけた棚田。まだ田植え前でしたが、ここに一本一歩手で
苗を植えていくのは大変な作業なんだろうな。


六本木のミッドタウンや新丸ビルもいいけれど、こういう日本の文化が
これからも大切に保存されるといいなぁ~と思った一日でした。

スポンサーサイト


未分類 | 00:17:06 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
うわわわ!素敵だね~!!情緒があるね。
和ろうそくか・・・私の実家の方でも絵ろうそくっていうのがあるんだけど
似てるのかな~。
大分ロンドン生活も落ち着いてきてるけど、
こういう写真を見てると日本に帰りたくなってくるなぁ。
2007-05-24 木 17:23:02 | URL | bell [編集]
BELLちゃん>そうそう。絵ろうそくの絵がないやつが和ろうそく
だと思う。。。たぶん。
欲しいなぁと思ったけれど、こっちのインテリアにはちょっと合わない
もんね。日本も自然が多いところは落ち着きがあっていいよね。
東京は人も建物も多くてちょっと疲れちゃうけれど。。
2007-05-25 金 05:51:13 | URL | MOMO [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。