■プロフィール

MOMO.UK

Author:MOMO.UK
2005年2月より、旦那様と2人でロンドンに暮らしています。昨年の4月に双子の娘(姫&ぶちょー)を出産。家族が増えました。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
シャイなイギリス人

ピラテスも習いはじめて5ヶ月になります。
そろそろ同じクラスの人と話しをしたりもしたいのですが、おば様達と会話をするのは
なかなか難しい。。。
難しい事を話しているというより、なかなか仲間に入れない感じなのです。

イギリス人はアメリカ人に比べると本当にシャイ。一度仲良くなってしまえば長く続くと
いうのがイギリス人と言われていたけれど、それは本当だと思う。
アメリカでは会う人誰とでもHI!って感じで挨拶して、そこから話が始まっていた
気がするけれど、イギリスではそんなことはなく、エレベーターとかでも日本のように無口。
最初はなんだか冷たい人達だなぁと思っていたけれど、それに慣れてしまえば日本
みたいで、特に気にならなくなってきた。

例えばピラテスでも先生が
「今日は寒いですねぇー。どこか痛い所がある人いますか?」とか「今数えてる人いる?
もう10回終わったかしら?」とか色々と皆に対して話しかけてくるのに 

シーン。。。。

ま。先生もそういうのに慣れているみたいで、適当に流しているけれど、その辺が
ちょっと日本に似てるなぁ~と思ってしまう。もちろん、先生が近くに来た時に
「実は今日、ちょっと腰が痛いんです」とか話している人はいるんだけどね。
これがアメリカだったら、ワイワイガヤガヤやるんだろうな。

終わった後に何人か集まって話しているおば様達もいるけれど、その派閥に
入ろうとも思わないし、私は”無口な日本人の子”と思われているに違いない。
勿論、話しかけられたら話すけどね~。

初めは結構きつかったクラスですが、最近はちょっと物足りなくなってきたので
4月から一つ上のクラスへ変更予定。
同年代の人がいるといいけど。。

スポンサーサイト


イギリス事情 | 07:18:28 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
ボランティアにやって来る人々って、ピッタリの服が見つかると
かなり大げさに喜んで、ほっぺたチューまでして帰って行くけれど
そういう人って、思えばほとんどが英国出身ではないですね。笑
イギリス人とのコミュニケーションの難しさは、言葉の壁ではない気が
します・・・だって、MOMOちゃんの語学力は完璧っ!!!
2007-03-24 土 00:01:36 | URL | cocolo [編集]
そっかあ~~だから日本人はイギリス人と似てるって言われてるのかな~
行動が、日本人みたいだもんね!!
日本もそうだけどイギリスも田舎に行くと、もっと仲間意識が強かったりするのかな?!
なんか面白いね!!

ピラテス、一つ上のクラスだなんてすごいじゃな~い☆
2007-03-24 土 20:02:34 | URL | AKI [編集]
cocoloちゃん>そうそう。リアクション派手なのは、アフリカとか
スペインとか大陸の人だよね。日本やイギリスなど島国?!の人は
やっぱりシャイなのかね~。

AKIさん>そうそう。イギリス人はアメリカ人みたいにはっきり
言わないし、遠まわしな表現とかがなんとなく日本人っぽい気がする。
田舎の人は日本もそうだけど、優しい気がするなぁ~。やっぱり
心に余裕があるからなのかなぁ。
2007-03-25 日 22:16:16 | URL | MOMO [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。