■プロフィール

MOMO.UK

Author:MOMO.UK
2005年2月より、旦那様と2人でロンドンに暮らしています。昨年の4月に双子の娘(姫&ぶちょー)を出産。家族が増えました。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
北アイルランド旅行 最終日
最終日は天気が雨。
ゆっくりホテルで朝食を食べ、泊まっていたベルファストの町をお散歩。
P1100633.jpg
市庁舎はとても立派。 でも何故か観覧車が真横に。 うーん。景観的にはどうなんだろう。。。
そして乗る人はいるのかな。

帰りのフライトが午後だったので、この日は博物館へ。
ちょっと郊外にあるFolk&Transportation Museumに行ってきました。

ここは二つの博物館が隣接していて、交通博物館のほうは車や機関車、船など
(ベルファストは造船で有名な町。あのタイタニックもここで作られたそう)
もう片方は100年前の人々の暮らしがわかるようになっている屋外の展示でした。

P1100660.jpg
映画バックトゥーザフューチャーのデロリアンもベルファストで製造されたもの

その他にはタイタニックの展示や飛行機などもありました。
こちらは屋内なので、お天気の悪いときはいいかも。

そしてフォークミュージアムのほうは昔の街並みが再現されていて、印刷屋さん、映画館
銀行など。結構面白かったです。
民家には当時の格好をした人がいたりして、話をしたりもできます。
P1100664.jpg
そしていつもはかなりシャイなぶちょーさん。何故かここにいたおばあさんがとても
気に入ったようで、自ら手をつなぎに行き、あっちこっちへ連れまわしておりました。

空港へ向かう途中、再度ベルファストの町へ寄り、旦那様が見たいという
ピースラインを見に行きました。
ピース・ラインとは、北アイルランド紛争が激しくなり始めた1970年代初頭、
隣り合うカトリックとプロテスタントの居住区を隔てるために築かれた障壁のこと。
ピースといっても名ばかりで絶対に超えられない高い壁がずーっと続いています。
P1100685.jpg
壁にはところどころ壁画があったりして、観光バスのツアーにも入っているみたいですが
周りはかなり物々しい雰囲気。
昔の紛争の爪痕とはいえ、今もプロテスタント側の地域にはイギリスの国旗がこれでもかーと
はためいていたりして、ぬくぬくと平和ボケしている日本人の私にはちょっと
考えさせれる場所でした。

と、思ったよりもピースラインで時間をとられ、急いで空港へ!のはずがまたまたハプニング。




続きを読む >>
スポンサーサイト
旅行 | 08:16:11 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。