■プロフィール

MOMO.UK

Author:MOMO.UK
2005年2月より、旦那様と2人でロンドンに暮らしています。昨年の4月に双子の娘(姫&ぶちょー)を出産。家族が増えました。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
あやしてもらえるのは嬉しいけど。。
ある日のこと。

いつものように双子を私の両親があやしていました。
私もそうだけど、童謡のCDがかかってなかったりすると、
歌の歌詞ってすごい適当になっちゃうんだよね。

私は他のことをしていたので、ちょっと耳を澄まして聞いていると
母親がどうやらABCの歌の替え歌っぽく「あいうえおの歌」を
ぶちょーに歌っている模様。

「”あ”は。。。。。   あ~んこ~の”あ~”」
「”い”は。。。。   い~もの”い~”」

なに?! ”あひる”とか”いぬ”が出てくると思ったら、
古臭い食べ物ばかりじゃないかっ!!

”う”はちょっと聞こえなかったのですが
”え”は何を歌うんだろう。。難しいな。と思っていたところ

「”え”は。。。。。 えへへへへ~」

「”お”は。。。。。。。。 おからの”お~”」

思いっきり笑ってしまいました。こんな歌を考えながら歌うなら
知ってる歌を歌えばいいのに。。


そして父親は最近何故か「はぇろぉおおお」という声を出すようになった
姫に”HELLO"の特訓。

「ハロー」
「ハロー」

「はぇろぉおおおお~」

「ハロー」

お。がんばって教えてくれているな。
と思った瞬間

「ニャーオ」

。。。。。


まぁ。覚えたら面白いけど。。




スポンサーサイト
双子 | 16:52:05 | Trackback(0) | Comments(0)
お食い初め
お食い初めをしました。
おくいぞめ

まだ首がすわっていないのですが、お互い支えあっております(笑)
母親がお赤飯や煮物を作ってくれたので写真撮影。

大きな鯛は北海道では獲れないので、ネットで注文。(これでも一番小さいサイズ)
これがすごくおいしくて、次の日”鯛めし”まで堪能しました。
これからお祝いする人にはお勧めです(エヒメ活魚)。



未分類 | 11:07:31 | Trackback(0) | Comments(5)
パスポート
先日パスポートセンターへ行ってきました。
9月中旬にイギリスへ双子を連れて帰るので、二人の分の申請と私の分の更新を兼ねて。

子供はまだ3ヶ月ですが、一丁前に一冊ずつのパスポートが必要らしい。。。。
最近はデジカメで撮った写真でもOKなので、家で寝かせて上から撮ったものを
持っていたのですが、「うわわわ。。すごい日本的。。」と思わせるほど
パスポートセンターの人って写真に命かけてる感じ。

混んでいたので何人か順番待ちで他の人の様子を伺っていたのだけど
「はい。この写真規格外です。外の写真屋で取り直して持ってきてください」と
言われている人の多いこと。。。
絶対外の写真屋からキックバックもらってるだろ~
それも何ミリの世界だし。。(パスポートの写真って顔の大きさとか下から上から何ミリって
細かく指示されているの)

私の順番が来て案の定、唯一の道具『定規』を持ちながら

「これデジカメですよね~。ちょっと画像が荒いんですけど大丈夫ですか?」
とか(そうか?そんな画素数低いカメラで撮ってはないけど)

「ちょっと表面に傷みたいなのとかうすーくみえるんですけど」
とか(私には見えませんけど。。)

「お母さんの写真だけちょっと顔が小さめですね~。規格ギリギリです」
だと。(ちゃんと家で定規で測ったよ!)

撮り直すつもりもなかったから「これでいいです。お願いします!」と言ったけどね。
これって、顔がちゃんとわかればいいんじゃないの??
ほんと日本の(特にお役所関係の)人って不思議なところにこだわるよね。
イギリスで国際免許取ったときはたまたま家のプリンターが調子悪くて
すっごい赤毛に写っちゃったけど、何も言われなかったよ。

そんなにこだわりたいなら、全員そこで写真をとることにしちゃえばいいのに。

そんなところにこだわって、本人証明の書類(保険証とか母子手帳とかいろいろと準備して
行ったのに。。。)を見せてくださいと言われなかったのは、また不思議。
そっちのほうが絶対に大事でしょ~。


パスポート、受け取りには本人が直接行かないと行けないらしい。。。
二人を連れて受け取りに行くのもまた大変だ~。

未分類 | 09:38:38 | Trackback(0) | Comments(3)
便利グッズ
双子の子育てにやっと少しなれてきました。
それでも二人が一度に泣き出すと、どうにもなりません。
しかも、『おなかが空いた泣き』のときは、飲ませる以外泣きやまないので
ホントに大変。

そんな時に便利なのが、ママ代行ミルク屋さんなる自動授乳クッション。
ほんとうはネットで販売しているこちらが欲しかったのですが、
手芸が得意な母親が
「これなら作れそう!」ということなので、作ってもらいました。

たまたま100円ショップでマットなどの下に敷く滑り止め&中に入れる
発泡スチロールのビーズを見つけたのでそれを利用。ほんと、100円ショップってなんでもあるわ。

横の布は家にあったリバティのもので、かわいくできました。
これがなかなか便利。滑り止めが哺乳瓶を支えてハンズフリー!?で飲ませられます。

ママさん代行r

手が空くので、もう一人をあやしたり、近くで洗濯物をたたんだり、
メールチェックしたり。。。双子のママさんにはかなりお勧めです。

ちなみに使っている哺乳瓶はTOMMEE TIPPEEのもの。
赤ちゃんによっては、なかなか合う哺乳瓶を探すのが大変と聞いていたので
日本のものに慣れてしまったらイギリスに戻った時困るかなぁと
思い、わざわざイギリスから持ってきたのですが、ぶちょーも姫も
どんな哺乳瓶でも大丈夫みたい。。。。。
イギリスではこういうちょっとまるっこいプラスチックの哺乳瓶が主流。
ベッカムの子供が使っていたというAVENTよりもこちらのほうが
若干安めだし、レンジで殺菌消毒できるので便利です。

双子 | 11:59:54 | Trackback(0) | Comments(5)
SIXTH SENSE
ちょっと不思議なんだけど、我家の双子は並べて寝かせても、じーっと
同じところを(例えば部屋の天井の隅っことか)を眺めている。

まばたきの回数も少ないし、はじめはただぼーっと見てるのかと思っていたけれど
二人とも同じところを見ていたり、最近はそこをみてけらけら笑っていたり
なにかしゃべりたそうにしていたりするので
絶対にいるな!と思っているのです。(私には見えないけれど。。。)

しかも、最近は必ず見つめるところ(ソファーの上のアイヌ刺繍が飾ってある辺り)
がわかってきたので、忙しい時には、ソファーに転がして、
「アイヌおじさんとお話してなさい!」と言って他のことをしていたりする私。

イギリスのアパートや家、ホテルなんかは建物が古いので、幽霊なんかが
結構いるらしい。
不動産屋でも、3LDK+キャサリン(幽霊の名前)とかって
家を売り出していたりするとか。
小さいお子さんが急に「あそこに女の子がいるよ」と言ったりする
と聞いたことがあるけれど、ぶちょーと姫にも第六感はあるのかなぁ。
イギリスの幽霊は足もあるし、見えても怖くないらしいけど
そんなこと言われたら、ちょっと怖くて住むの嫌になりそうだなぁ~。

↓アイヌおじさんとお話中のぶちょー。
CIMG3331.jpg




双子 | 19:09:31 | Trackback(0) | Comments(4)
吉兆じゃないけど。。
気づいたらあっという間に7月になってました。
最近ほんと毎日があっという間。

とはいえ、やっているのはオムツ替えて、ミルクを飲ませて、あやして、寝かせて。。。の毎日。
でも考えてみたらオムツは一人一日8回から10回。X2で20回交換。
ミルクは7回から9回。 X2で18回。。。。

あっという間な訳です。。。。
すごい勢いでミルクもオムツも消費してるし~。

はじめは絶対にやらないぞーと決めていた使い回し(これで最近吉兆がつぶれましたが。。)
最近はもったいないのでやっちゃってます。
片方が飲み残したミルク。もったいないので、それに足して次の子へ。
ミルクの缶にはダメだと書いてあるけれど、ま。大丈夫でしょ。

最近はおしゃぶりも病院にいたころのように消毒できてないし、
片方を抱っこしていて、もう一人が泣き出したらその辺にころがっているおしゃぶりを
口へパクッ。
これで時間稼ぎしてますっ。

こうやって二人はたくましく育っていくでしょう。。←すでにダメ親。

二人を一度に抱っこするのも大変。最近か弱かった姫が太ってきました!
無題


双子 | 11:32:28 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。