■プロフィール

MOMO.UK

Author:MOMO.UK
2005年2月より、旦那様と2人でロンドンに暮らしています。昨年の4月に双子の娘(姫&ぶちょー)を出産。家族が増えました。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
オイル交換
このあいだ、たまたま他の人と話していた時に、車のオイル交換の話になった。

そういえば、日本だと3000キロくらい走ったらオイル交換するのに、イギリス人は
どうしてるんだろう。。。 あんまり話を聞かないなぁ。

っていうか我が家のロバ夫くん(ROVER)は中古車屋で買って以来交換したことないかも。
ってことはもう10000マイルも走っちゃってる。。

これは交換しないと。ということになり、ネットで検索するも、全然ヒットしない。
車についてきた点検の履歴をみても、やってる気配もないし、説明書にも
少なくなったら足してくださいとは書いてあるけれど、交換するとか書いてない。
えー。もしかして、イギリス人は少なくなったら継ぎ足すだけで、交換しないのかな。

と思いつつ、近くのガレージ(修理工場のこと英語でGARAGEといいます)へ行って
聞いてみるとやってるらしい。しかも£45.(240円計算で10800円)
そんなにするのかぁー。とは言え、学生時代のころのように、自分でやる気もないので
払いましたよー。 週末ちょっと遠出する予定だし。

アメリカにいた時はやってもらっても30ドルくらいだったような。。
日本はガソリンスタンドとかでもやってもらえそうな感じだけど、いくらくらいするんだろう。。

ちなみに、ロンドンで日本語が通じるガレージに値段だけ確認したところ、
オイルフィルター代も込みで£100(24000円)だとか。。
それはいくら日本語で対応するとはいえ、ぼったくりだろー。



スポンサーサイト
イギリス事情 | 21:37:15 | Trackback(0) | Comments(2)
クロスステッチ

今日は久しぶりにLIBERTYへ行ってきました。
セール中だというのに、夏物が欲しい気候でもなく、LIBERTYへ行くのも久しぶり。

布を見たり、食器を見たり、やっぱり女友達との買い物は楽しいね~。
ついでに手芸コーナーへ立ち寄り、買ってしまいました。。。
クロスステッチのキット。
友達はBOOK MARK,私はNEEDLE CASEを購入。

今までは全然素敵だと思わなかったのに、イギリスに住んで何年かすると
こういうものも、なんだかラブリーに見えてきてしまうから不思議。
(絶対に来る前と今で、自分の好きなスタイルが変わってる)
1人だったら買わなかったかも。。だけど、なんか一緒にやる人がいると
とたんに楽しいかも♪と思えてしまったりして。

外が雨模様だったこともあり、そのまま我が家へ直行。
さっそく二人でチクチクと始めました。
やり方が英語のこともあり、二人で試行錯誤。そういうのも楽しいところ。

友達が帰っても、黙々と刺繍。かなりはまってる。。というか周りからしたら、
かなり暗い人だと思われること間違いなし。

二日目の状況はこんな感じ↓



HOBBY | 21:16:09 | Trackback(0) | Comments(2)
お金が入ると。。。

久しぶりにボランティアの話


週一で行っているボランティアですが、なにげに2年以上も経ちました。
初めはかなり貧乏なチャリティーだったのですが、つい半年前くらいに
イギリスのLOTTERY(日本で言う宝くじ)が売上金を寄付するいくつかのチャリティーの
ひとつに選ばれ、かなりの額(たしか一年間に2000万円くらいだったような)が
入ってくるようになりました。

今までは、それこそ無償のボランティアだけで、トイレやキッチンのタオルを
交代で洗濯してきたり、拾ってきた机を使ったりと、それはそれで成り立っていたのですが、
人間(というか会社)、お金があると変わるのですねぇ~。

まず、トイレに温風の乾燥機がとりつけられ、皮のソファーセットが入り、
新しい壁紙に、新しい鏡、今日行ってみたら、新しくドアにキーパッド式の鍵がついていました。

そして9月からはなんと事務の人を雇うらしい。
今までボランティアで事務をやってきていたビバリーというとても良い人がいたのですが、
新しい人を雇うにあたり、その子を含めて面接をしたところ、
すごくできるらしい他の人に決まったらしい。。

あまりオフィスに顔を出さないマネージャーという名ばかりの人に
「他の人に決めたとたんにビバリー、辞めちゃったのよ。ひどいわよねぇ~。どう思う?」と
言われたけれど、どうもこうも、私でも辞めちゃうヨ。

何ヶ月もやってきて、クライアントやクライアントを斡旋してくる会社の人とも
上手くやってきていたし、パソコンも使いこなしてデータ管理なんかも上手にやってたし、
彼女も無償でOKだったんだから、それでよかったのではないの??
最後にさよならすら言う事ができなかったし。。。
(これ、私の心の叫び。こんな風にはマネージャーには言えなかった。。←小心もん)

心配なのは、あまりに頭もよくて、できる人が入ってきても
きっとつまんなくて辞めちゃうこと。私も、もし日本語だったら、お金がもらえても
このチャリティーの事務の仕事はつまんないなぁーと思うはず。


来週からは電話の応対をしてくれるような事務の人がいないので、(新しい人は9月から
なんだと)夏休み。
ビバリーと8月もがんばろうね!って言ってたのに。。。

9月に行って、またすごい変わってたらどうしよう。
あまり無駄に改装なんかにお金を使わずに、有意義なお金の使い方をしてほしい。
例えば、いつも足りないバックや靴などを買うとかさー。
ボランティアに交通費を出してくれるとかさぁー。。。。



ボランティア | 00:08:17 | Trackback(0) | Comments(2)
ベルサイユ宮殿
週末、ちょっとパリへ行っていました。
さすが、大陸。イギリスとは違って、夏!という感じでした。
日曜日はお店も閉まってしまっているので、行ったことのない郊外のベルサイユ宮殿へ。

優雅にパリでブランチしてから行ったら、すでにチケットを待つすごい行列。

なんとチケットを買うだけで、2時間待ち。ひゃー。やっぱり夏の観光地。恐るべし。。

並んでいる間に、旦那様がいろいろと探索。どうやら、チケットを買ってから、またさらに
逆側に今度は宮殿に入るのにもならばなくてはならないそう。
そこで、二手に分かれて並びました。少しは時間が短縮できて作戦成功。
これから週末に行かれる方は、グループなら、二つに分かれて並ぶのをお勧めします。
(さらに、お庭に入るのにもチケットが必要。ここも並んでます)

確実なのは他の場所でパスポートという全部入っているチケットを買ってから
ここへ来ること。結局別々に払っても同じくらいになってしまうみたいです。

そして宮殿の中はこんな感じ。

続きを読む >>
旅行 | 03:24:47 | Trackback(0) | Comments(0)
ジェントルマン

友達とランチへ行ってきました。
行ったのはCOVENT GARDENにあるイタリアン、DA MARIO
全然夏らしくなく、涼しいロンドンですが、ちょっと日がさしていたので、外の席で。

サラダをシェアして、パスタとリゾットを食べましたが、どれもおいしかったです。
値段もそれほど高くなくて良い感じ。

たまたま隣の席には昼間からワインを片手に二人のおじ様達が優雅にランチ。
ちょうど二人が食べ終わったころ、ウェイトレスのおばさんが
「隣のテーブルでタバコを吸いたいそうなんだけど、いいかしら?」と聞いてきた。

そう。イギリスでは7月1日からレストランやパブ、公共の建物、オフィスなど全て禁煙に
なったのです。でも外の席は例外らしい。。(冬は大変だな)
「大丈夫です」と答えると、それをおじさんにまた伝え、おじさんがこっちを向いてニコっ。
30センチくらいしか離れて座っていないのに、自分で聞くのは恥ずかしかったのかな~。
そしてこれまた品よく、葉巻を吸いだしたのでした。

こういうマナーは大事よね。
ちゃんと聞いてくれて、紳士だなぁ~と思ったのでした。



イギリス事情 | 03:15:38 | Trackback(0) | Comments(0)
あおたん
昨日の朝起きてすぐ、寝ぼけたままベットの角にごっつーんと膝をぶつけました。
かなり痛かったのですが、その日はズボンで過ごしていたのでなんとなく
忘れたまま、夜シャワーを浴びようとしたところ

かなりのあざ。気持ち悪くてブログにはUPできませんが、
このまま痕がのこったらどうしよう。。。。というほど大きいあおたんができてしまいました。

旦那様にみせると、
「すごい、あおじ」 
あおじ?? 愛媛ではあおたんをあおじというらしい。。
あおたんももしかしたら方言かな。青あざとも言うし。
とにかく、このあざが治ってくれないとスカートはけない。。


ネットで面白いものをみつけました。
こちらで、こんな画像が作れます。





未分類 | 07:29:31 | Trackback(0) | Comments(5)
テムズ川散策
週末、ちょっとだけ暖かくなったので、テムズ川沿いに散歩へ行きました。
旦那様が行きたがっていた、テートモダン(現代美術館)をぶらぶら。
相変わらず、現代美術は理解しがたいものが多いのですが、たまにはこういうところに
二人でくるのも楽しい。


たまにはこういうロンドンっぽい写真も載せなきゃね。おくの建物がテートモダン。
その前からテムズ川にかかるミレニアムブリッジ。

そしてお昼ご飯は川沿いに開かれていたTURKISH FEST(英語ではトルコではなく
ターキー)でケバブ。
なんだかそこだけちょっと異国のような雰囲気でした。




ドリンク付きで£5なり。安いと思ったけれど、日本円では1250円。
いちいち換算するとイギリスでは生活できません。。。
ヨーグルトドリンクは、プレーンのヨーグルトを薄めてちょっと酸っぱさを増した感じ。
ケバブの後に飲むと、口の中がすっきりするけれど、私は苦手。

暑くないけれど、一応夏!ということで、川沿いの遊歩道には噴水も。

続きを読む >>
散歩 | 18:49:06 | Trackback(0) | Comments(2)
レバノンレストラン
以前一緒にボランティアで働いていたJANEとtarboushという
レバノンレストランへ行ってきました。
レバノン料理を食べるのは実は初めて。

席に座るとすぐにお通し?のような感じでパリパリのパンケーキや
トマト、キュウリ、ニンジン、ししとう?なんかの夏野菜、(しかもほぼまるごと。。)の
盛り合わせ。

9時に予約してちょっと遅めの夕食。。と思っていたけれど、席はまばら。
スペインのように遅い時間からご飯を食べ始めるのかなぁ。。

料理はお馴染みのフムスやピタパンやファラフェルなんかを(これはレバノン料理だったのね)
前菜で頼み、メインはラムのBBQを食べました。
肉以外は野菜が多くて以外とヘルシーな印象。

今日の目的はベリーダンス。11時ごろ大音量の音楽と共にダンススタート。
実はJANEとは一度ベリーダンスの体験クラスへ行ったことが
あるのです。。。きゃー。想像しないでね。

本日のダンサーはこんな感じ。

目が光っちゃってこわいですが。。




続きを読む >>
FOOD | 18:28:16 | Trackback(1) | Comments(0)
カルトナージュ ~ティッシュボックス~
今日はカルトナージュの会、第3回でした。
私はこのあいだのファイルであまった布でティッシュボックスを。
友達はペンシルポットを作りました。
だんだん慣れてきておしゃべりしながらでも2~3時間で完成。



次はもうちょっと大物に挑戦したいな。

HOBBY | 04:07:47 | Trackback(0) | Comments(0)
有名人に遭遇

イギリスに来て初めて有名人に遭遇しました。
(というか、ほとんどのTVに出ている人はわからないので、実際会っていてもわからない
事のほうが多いと思われる。。。)


ボランティアの友達とタイ料理屋でお昼を食べていたところ、なんと隣のテーブルに
LITTLE BRITAINというコメディーの二人、マットとデービッドが焼きそばを食べていました。

周りのお客さんも気付いているみたいだったけれど、誰もカメラを向けたり、
話しかけたりしてない。すごい。やっぱりイギリスは紳士の国なのねぇ~。

役では女装したり、ゲイになったりと化粧や衣装がすごいけれど、実際はとっても
オシャレで、かなりオーラが出ていました。

ちなみにこのLITTLE BRITAIN,日本でもWOWWOWで放送を始めたみたい。
ドリフのコントみたいな感じで私も旦那様もファンなのです。
イギリスの地方独特のなまりなんかがあって、わからないこともあるので、是非
日本語の字幕付きで見てみたい。。。

http://www.youtube.com/watch?v=xX7s5Zgz62E&mode=related&search=
youtubeでLITTLE BRITAIN発見。興味のあるかたはどーぞ。



イギリス事情 | 19:08:03 | Trackback(2) | Comments(0)
夏を求めてスペインへ その2
二日目。スペインの日曜日は店がほとんど休みなので町も静か。
ホテルの近くだったグエル公園へ。 ここもガウディーさんの豊かな想像力が詰っています。
ガイドブックに書いてあるLesseps駅よりもVallcarca駅からのほうが近くてお薦め。
ずっと上り坂なので結構大変です。


タイルをモザイク風にしたベンチ。廃材を利用したリサイクル品だとか。一世紀前から
そんな発想をしていたのね。


テラスからの景色。奥のお菓子の家のような建物はガウディさんのお住まいだったとか。
かわいい♪


こちら入り口にいる有名なとかげくん。お口からよだれのようにお水が流れています。
モザイク好きな私にはたまらない彼。 もちろんツーショットもとりましたよ~。

地下鉄で移動してガウディー作の高級マンションカサ・ミラへ。
バルセロナの地下鉄はわかりやすいし、それほど危ない感じもしないかな。


カサ・ミラの外観。 ビル全体が波うっている。公開されていないところには
実際に人が住んでいるのかしら。。

 
カサ・ミラの屋上。SF映画に出てきそうな顔達は煙突とか換気口。
凝った作りなのに、換気や採光がちゃんと考えられていて、天才ぶりがわかります。

帰りの飛行機は夜9時。だけど、もうガウディーも満喫してしまったので、
ちょっと足を延ばしてバルセロナから1時間半のGIRONA(ジローナ)という町に
行って見ました。

ジローナはオニャール川を挟んで旧市街と新市街に分かれる小さな町。


旧市街は趣きがあります。このときの気温33度。もともとあまり汗をかかない
変温動物の私は日焼けなど気にしている余裕もなく、キャミソールです。
思ったより歩きまわって足も痛い。。ジェラートも一日一個と決めていたけれど、
今日はたまらず2個。料理の味が濃いのも、なんだかわかる気がする。


旦那様の好きな橋もいっぱい。奥に見えるのはカテドラル。こちらはサクラダさんとは
違い、思ったより大きくて、中も迫力満点。一見の価値ありです。

駆け足でしたが、夏の暑さを満喫の旅でした。
いつもスニーカーじゃなぁと思い、バレーシューズで行ったけれど、やっぱり我が家の
旅はひたすら、歩いたり、登ったり。。。
思ったより足が疲れましたー。

でも手ぶらの旅はよかったなぁ。いつも持ち歩いている財布(旅行の時の会計は旦那様)
もちょっとしたメイク道具(暑くてメイク直しどころではない)も家の鍵(リュックの中へ)も
手帳(お家にお留守番)も電子手帳(スペイン語では使えない)も実はなくても平気な
事が判明。スリの心配もいらないしね~。
全ての荷物を持ってくれた旦那様は大変だろうけれど、手ぶらの旅は癖になりそうです。



旅行 | 20:19:03 | Trackback(0) | Comments(2)
夏を求めてスペインへ その1

いつまで待っても夏が来ないロンドン。。
夏のセールが始まったのに、全然暑くないので夏服も買う気にならな~い。
というわけで、週末を利用して前から行きたかったバルセロナへ行ってきました。

一泊二日だし、バルセロナはスリも多い。。と聞いたので、私は手ぶら。
旦那様はハイキングに行くかのようなリュック一つのみ。随分旅慣れてきました20

バルセロナまでは飛行機で2時間弱。そして着いたスペインには真っ青な空。気温30度。
わーい。

今回はガウディーの建物探訪がメイン。まずはサクラダファミリアでしょ~。

第一印象は二人とも 「思ったより小さいね」 どんだけ大きいのを予想していたんだろう。。



中はこんな感じ。こちらは最近作られたほうで、石もきれいで新しい。
そうそう。サクラダさんは成長途中なのです。





続きを読む >>
旅行 | 18:57:49 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。