■プロフィール

MOMO.UK

Author:MOMO.UK
2005年2月より、旦那様と2人でロンドンに暮らしています。昨年の4月に双子の娘(姫&ぶちょー)を出産。家族が増えました。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
地下鉄とバレエ

ロンドンのバスや地下鉄。はっきり言って、あてにできません。
普段時間に余裕があるときはそれほどきにならないけれど(というか、そういう人に
なってしまってきている。。。)
何時までにいかなきゃ!という時はホントに困る。

地下鉄には日本のように時刻表がないから、来たら乗るという感じだし、
バスも”10分おき” とか大雑把な表示。とはいえ、30分くらい待つのは日常茶飯事。
そんで2台続けてきたりするから、日本の感覚でいると、ロンドンには住めません!

今日は普段は20分くらいで到着する駅になんと1時間もかかりました。
最初の20分はホームで待たされていたからいいけれど、乗ってから、なんと数台前の
電車が故障して立ち往生しているらしく、暗いトンネル内でストップ。
結構込んでたのに、空調設備がない(たぶん)から、暑いし、息苦しいし、ほんと
悲惨。。。 今日は涼しいからまだいいけれど、夏の暑い日だったら、倒れる人出るって。

そうやってがんばって行ったボランティアでしたが、今日のクライアントは1人。
わざわざ時間を割いて行っているのに、キャンセルするなよ~ とかなりブーブーでした。

午後から雨という予報でしたが、晴れていたこともあり、
気を取り直して、ロイヤルバレーの特大スクリーンでの中継を見に行ってきました。
場所はトラファルガー広場。

結構前から場所をとってスタンバイ。友達とおしゃべりしていたらあっという間だったけど。


私達は階段に座れたけれど、開始時間までにスクリーン前の広場も人でいっぱいに
なりました。
7時半になり、もう1人誘った友達も到着したので、3人で鑑賞。


演目は白鳥の湖でした。バレエって実は初めて見たのだけれど、会話のない
ミュージカルのような感じなのね。
会話がない分、踊りや音楽で感情などが上手に表現されていて
思っていたよりもずーっと面白かった。

バレエを最近習い始めたという友達によると、王子役だったCARLOS ACOSTAは
とても有名な人だそう。なるほど、ジャンプもすごく高いし、指の先までぴーんと
しつつもしなやかな動きでした。 顔はともかく。

今日はちょっと肌寒く、屋外での鑑賞はちょっとつらかった~。
今度は是非是非ロイヤルオペラハウス屋内で見たいわ。



スポンサーサイト
イギリス事情 | 02:30:22 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。