■プロフィール

MOMO.UK

Author:MOMO.UK
2005年2月より、旦那様と2人でロンドンに暮らしています。昨年の4月に双子の娘(姫&ぶちょー)を出産。家族が増えました。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ようやく完成
11月から冬プロジェクトとして始めたパッチワーク。
なんとか春が来る前に(日本ではもう春分の日が終わっちゃったけど。。)終わりましたー。

日本にいた時はあまり好きではなかった花柄ですが、イギリスに来てから
ちょっといいなぁ~と思い出したので、今回は花柄の生地を使って、しかも
GRANDMOTHER'S FLOWER GARDEN という六角形で花のようにつなげていく
パターンに挑戦。

今までと違って直線に縫えないところが、かなり大変でした。
しかも、旦那さまからのリクエストで、寝っころがって掛けた時に足が出ないくらいの
大きさがいい!
ということで(去年作ったものはちょっと小さくて足がでちゃうくらいの大きさでした)
いままで作ったことのない大きさに挑戦してみました。

本当は、周りの縁取りの部分をもう少し渋いグリーンか紫のような色で作りたかったのですが
気に入った色の生地が探せませんでした。。残念。
というわけで、かなりピンクピンクな仕上がりになりましたー。



拡げるとこんな感じ



スポンサーサイト

テーマ:パッチワーク - ジャンル:趣味・実用

HOBBY | 22:17:31 | Trackback(0) | Comments(8)
シャイなイギリス人

ピラテスも習いはじめて5ヶ月になります。
そろそろ同じクラスの人と話しをしたりもしたいのですが、おば様達と会話をするのは
なかなか難しい。。。
難しい事を話しているというより、なかなか仲間に入れない感じなのです。

イギリス人はアメリカ人に比べると本当にシャイ。一度仲良くなってしまえば長く続くと
いうのがイギリス人と言われていたけれど、それは本当だと思う。
アメリカでは会う人誰とでもHI!って感じで挨拶して、そこから話が始まっていた
気がするけれど、イギリスではそんなことはなく、エレベーターとかでも日本のように無口。
最初はなんだか冷たい人達だなぁと思っていたけれど、それに慣れてしまえば日本
みたいで、特に気にならなくなってきた。

例えばピラテスでも先生が
「今日は寒いですねぇー。どこか痛い所がある人いますか?」とか「今数えてる人いる?
もう10回終わったかしら?」とか色々と皆に対して話しかけてくるのに 

シーン。。。。

ま。先生もそういうのに慣れているみたいで、適当に流しているけれど、その辺が
ちょっと日本に似てるなぁ~と思ってしまう。もちろん、先生が近くに来た時に
「実は今日、ちょっと腰が痛いんです」とか話している人はいるんだけどね。
これがアメリカだったら、ワイワイガヤガヤやるんだろうな。

終わった後に何人か集まって話しているおば様達もいるけれど、その派閥に
入ろうとも思わないし、私は”無口な日本人の子”と思われているに違いない。
勿論、話しかけられたら話すけどね~。

初めは結構きつかったクラスですが、最近はちょっと物足りなくなってきたので
4月から一つ上のクラスへ変更予定。
同年代の人がいるといいけど。。



イギリス事情 | 07:18:28 | Trackback(0) | Comments(3)
手羽先♪

先週は春のように暖かかったロンドンですが、今週になり、雪がふったりして
また冬に逆戻りです。

こっちにいる駐妻友達とよく話すのが、海外で暮らすと料理をするようになるということ。
日本食材店もあって、色々なものは手に入るのですが、日本にいたらプラット食べに
行けるようなものも自分で作らないと食べられない!

牛丼とか調理パンとかそういうものも、コンビニで簡単に手に入ったデザートも。。。
この間はお友達自作の抹茶アイスを頂きました!

そんな我が家の今日のメニューは手羽先。
東京では鳥良に食べにいったなぁ~。
名古屋に出張の時には、世界の山ちゃんとかにもいったし。。

実は一番好きな食べ物が”から揚げ”の私。 
よく鳥のモモ肉でから揚げは作るのだけど、手羽先は初。
ロンドンはお肉はあまり安くはないけれど、何故か手羽先はすごい安い!
みんなあまり食べないのかな。

というわけで、ネットで調べて山ちゃん風に作ってみたのですが、おいしかった~♪
我が家の定番になりそうです。



FOOD | 07:08:16 | Trackback(0) | Comments(3)
プーの棒投げ橋とローマンロード

ロンドンから南に車で1時間ほどのところにあるHARTFIELDへ行ってきました。
ここはクマのプーさんの舞台になっている村。

イギリスは少し郊外へ行くと、どこでもピーターラビットやプーさんが出てきそうな
感じなのですが。。。ここにはプーさんの物語で出てくる棒投げ橋や丘、森があるところ。


ガイドブックなどにも載っているところなのに、駐車場を見つけるのが大変でした。
日本と違って看板がほとんど出ていないのよね~。
橋までの散歩道は整備されているし、平坦。いつものウォーキングコースよりも
随分楽だったかな。
(森を一周できる5マイルのコースもありましたが、今日は橋まで行って戻ってきました)

そしてこれがプーの棒投げ橋↓


この橋から棒を投げて、橋の反対側から二人の棒のどちらが早く流れてくるかを
競うというのが物語りの内容らしく、川には沢山の棒が投げ込まれていました!
(プーさんってキャラクター的にはすごい有名だけれど、物語の内容って実は
あんまり知らなかったりする。。。)
もちろん私も投げましたよ~。
橋の近くに蜂の巣も発見! くまちゃんは実際にはいないだろうけれど、蜂はいるのね~。

このあと、せっかく南のほうまで足を延ばしたので、近くにあるもう一つのFOOTPATH(散歩道)へ
行って見ることにしました。



続きを読む >>

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

散歩 | 04:27:27 | Trackback(0) | Comments(3)
LUENTO SANTORO

今週は天気がよくてロンドンにも春がきたかな~という感じです。
日が出てくるとロンドンの人達はすぐに(ちょっと肌寒かろうが)オープンカフェでお茶を
したり、公園でピクニックしたりし始めます。

私も今日はLUENTO SANTOROというカフェでお茶してきました。
ここはもともとチョコレート屋なのですが、お店の中と外にテーブルがあり、コーヒーや
チョコレートドリンクなどを飲めます。
そしてここのチョコレートがすごいおいしい♪

最近スーパーなどでもよくカカオ70%以上のチョコレートをよく買うのですが、
LUENTO SANTOROの板チョコはカカオの産地別。
今日は南アフリカ産の85%と普通のミルクチョコレート50%を購入。
もちろん、トリュフやナッツ入りのものもありますよー。

帰ってきて味見(ほんとに味が濃くて深くて、ほんのちょっとで充分)しましたが
どちらも美味しかった~。

場所はKENSINGTON CHURCH STにあるLANCER SQ.の中。
アフタヌーンティーならぬチョコレートティー(チョコレートフォンデュ&コーヒーOR
チョコレートドリンクらしい。。)にいつか一緒に行ってくれるチョコレート好きの方募集中!



FOOD | 18:39:03 | Trackback(0) | Comments(3)
やっぱり。。。

一週間前のブログに、私が働いているボランティア団体にかなりの額のお金が入ってきたと書いたのですが、今週行ってみて早速、購入されていたもの発見!

なんとそれはトイレで手を乾かす乾燥機。。。
ここにきたかー!という感じでした。
私個人的にこの乾燥機が好きじゃないのよね。
こっちには何処にいってもあるけれど、完全に乾くまで時間がかかるし、
それよりなにより電気代もかかるんじゃ。。
以前のように普通にタオル掛けにタオルがかかってたほうがよかったなぁ~。
と思うのはやっぱりハンカチの文化の日本人だからなのかしら。。

これからどんどん色々なものが変わっていくのだろうけれど、まずこれを買ったということに
ちょっとびっくりしたのでした。

今日はここ一ヶ月ほど手伝ってくれているお友達がいなかったので久しぶりに1人での仕事。
こういうときに限って、やってきたクライアントは50過ぎのおば様ばかり。

実は20代、30代のほうが簡単だったりする。
子供を迎えにいかなきゃとか彼女達は結構忙しいのです。
しかーし、50代のおばさまはすでに子供が成人していたりして、これから暇だし、
働くかーみたいな人達。
スーツもこんなのがいいなぁっていうのがすでに頭にあったりするらしく、
似合うものではなく、気に入ったものがみつかるまではしぶとく探すし、
褒めたりとか単純なおしゃべりさえ、普段あまりしていないのか、
その雰囲気が居心地よくなってしまう様子。
ほんとになかなか帰ってくれない。。。

今日は1時間おきに4人のクラアントが来たのですが、一人にかかった時間は1時間以上。
当然ずるずるとずれこみ、私はトイレに行く暇も座る暇もなく、くたくたで帰ってきたのでした~。



ボランティア | 18:28:52 | Trackback(0) | Comments(0)
GIFT TIME

東京も暖かいようですが、ロンドンも今日は14度くらいまで気温が上がり、ぽかぽかでした。

こっちの人は日本人とは人種が違うからか、ちょっと暖かくなるとすぐ半そで!
(アメリカ人もそうだったけれど。。)寒くないのかなぁ~。
真冬でも素足にバレーシューズ履いていたりする人がいるくらい。
今日も日陰に入るとまだ肌寒いというのに、春ものを着てる人がいっぱいでした。

そしてDEBENHAMSというデパートで見つけてしまったのは、ESTEE LAUDERの
GIFT TIME。 日本ではあまり見かけなかったけれど、アメリカでもイギリスでも
デパートではかわるがわる色々なブランド(例えばクリニークとかランコムとか)
がこのGIFT TIMEをします。

商品を2個以上買うともれなく試供品のようなものがセットになっているものを
もらえたりするので、ESTEE LAUDER派の私は決まってこのGIFT TIMEのときに
ファンデーションとルースパウダーを買うのであります。
そうすると口紅やマスカラなんかがもらえちゃうし、試供品だったりすると小さいので
旅行の時にも便利だったりするし。。

先週末HARRODSでやっていたESTEE LAUDERのGIFT TIMEは大きなバックが
ついていたりして、中身もかなり豪華だったのですが、商品のうち、一つは化粧水や
クリームなどのスキンケア用品でなくてはならなかったので、パスしていました。
そろそろファンデーションがなくなりそうなので、どこかでやっていないかなぁ~と
探していたところだったのでラッキー。

GIFTの中身はグロスやマスカラ、アイシャドウなど。。春の新色みたいです。
安っぽいポーチはいつも捨てちゃうんだけどね。。



イギリス事情 | 02:35:02 | Trackback(0) | Comments(3)
紅茶のパウンドケーキ

久しぶりにケーキを焼いてみました。


最近パン教室ではパウンド型を使ったパンを習っているので、その型を
使ってパウンドケーキです。
(パンはまとめて焼いているので、冷凍ストックがいっぱい。。)

パンと違ってやっぱり使うバターやお砂糖の量には作る前から
ビクビクしてしまうのですが、食べる頃にはそんなことはどうでもよくなってます(笑)

今日作ってみたのはミルクティーのパウンドケーキ。中にミルクティーと
紅茶の葉っぱが入っています。
う~ん。この焼いているときのいい香りがたまらない。。



FOOD | 02:07:26 | Trackback(0) | Comments(2)
「硫黄島からの手紙」

週末、「硫黄島からの手紙」を見に行きました。
日本ではもう放映されているみたいですが、イギリスでは2月の23日から。
私は2部作の1部目 アメリカ側からの視点の「父親たちの星条旗」を見ていないのだけど
旦那様はたまたま出張途中の飛行機で見たらしい。。。

映画館は日本人が多いかなと思ったけれど、ちょうどアカデミー賞にノミネートされていた
こともあってかイギリス人やアメリカ人(だと思う。ポップコーンバリバリ食べてたし。。。)も
結構いました。

映画は日本語、英語の字幕だったので、すごくわかりやすかった~。
アメリカの映画だけれど、日本人側のというか、兵士1人1人の心情がよく現れていて
こういう戦争の時でも、今の私みたいなこと、普通に考えていたんだな。。。とか
極限状態だとこうなっちゃうのかな。。と考えさせられました。
ほんと、戦争って怖いね。
今の自分の生活がほんとに幸せだな~と改めて思いました。

個人的にはちょうど先週みたドラマ「優しい時間」に出ていた二ノ宮和也が
この映画にも出ていたのでちょっと不思議な感じもしちゃったんだけど。。。

暗い洞窟のシーンが多かったりしてちょっと長いな。感もあったけれど
見る人には何かが伝わるんじゃないかと思います。 ☆☆☆★★
イギリス人やアメリカ人にはどういう風に伝わったのかちょっと興味あるけど。



MOVIE | 01:36:16 | Trackback(0) | Comments(2)
寄付金

週一ですが続けているボランティア。
新しい年になってから、今まで資金調達として雇われていたマネージャーが急に
辞めたりして、バタバタしていました。
新しいマネージャーも決まり、ボランティアも新しい人がどんどん入って、古株となった
私にはちょっと居づらい感じすらあります。

会社だと、新しく入ってきた人に新しいアイデアがあっても、なかなか実行するというのは
難しいけれど、特に誰にも何の権利もないボランティア。ここのところあまりボランティア同士の
交流やミーティングもなく、まとめ役の人がいるわけでもないので、整理整頓しても
次の週には色んなものが移動されていたり、取って置きたい洋服の好みが違ったりと
なかなか難しいところ。

そんな時になんと宝くじからの寄付金が当たってしまいました。
このあいだ辞めてしまったマネージャーが1年くらい前からずっと申し込んでいたもので、
宝くじの収益の何割かがいくつかのチャリティーへ寄付されるというもの。
しかも総額£345、000(7000万円以上)を5年に分けて寄付してもらえるそう。

これでしばらくつぶれてなくなってしまうことはなさそう。
既にどういう風に使うか、色んな人が色んなアイデアを持っているみたいですが、
賢く使ってほしいもの。

私としてはボランティアの交通費は支給して欲しいなぁ~と(小さな望み。。)
思っているのだけれど、
来週行ったらいきなり机やソファーが新調されていたりして。。。



ボランティア | 19:11:16 | Trackback(0) | Comments(3)
優しい時間

最近ネットで「優しい時間」というドラマを見ました。
実は去年のお正月に北海道の実家へ帰ったときにこのドラマのロケ地として
使われていた「森の時計」という喫茶店を見に行って以来、このドラマを見てみたいなぁと
思っていたのです。
ドラマでは父親がこの喫茶店のマスター。お客さんは自分でひいたコーヒーを飲むことが
できるという設定でした。

冬の北海道が舞台のこのドラマ。小さい頃に住んでいた北海道の
冬の風景を思い出しました。自然の中でゆっくり流れていく時間もいいなぁ~と
(イギリスでもかなりのんびり過ごしていますが。。)

絶縁していた父親と息子が最後には許しあっていくという内容。
久しぶりに泣きましたー  平原綾香の主題歌もよかったし。

写真は去年撮った「森の時計」 今度行く時は是非カウンターでゆっくりコーヒー豆を
ひいて飲みたいなぁ~。



未分類 | 18:57:30 | Trackback(2) | Comments(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。