■プロフィール

MOMO.UK

Author:MOMO.UK
2005年2月より、旦那様と2人でロンドンに暮らしています。昨年の4月に双子の娘(姫&ぶちょー)を出産。家族が増えました。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ゆりかごから墓場まで←これはホント?

今日ブレア首相が People must take more responsibility for their health
(国民はもっと自分で健康管理するように) 発言。

うーん。これって。。もともとNHSという国の医療機関は国民に対して
無料で治療するっていうことになっているけれど、はっきりいって機能してない。
イギリスは福祉大国だって中学で習ったけれど、(今もそう教えてるのかな?)
実際に住んでみると、疑問に思うことがいっぱい。

例えば、ちょっと具合が悪いなぁと思っても予約は2週間後にしか取れなかったり、
ひどかったのは去年超音波検査の予約を取ろうと思ったときに
「一番早くて4ヵ月後ね」と真顔で言われたとき。まぁ大したことはなかったからよかったものの
ほんと、大変な病気だったら死んじゃってるよ!!


だからといって、私立の病院はこれでもかーというほど値段が高くて、貧しい人や
医療保険に入ってない人は行けないし。

こういうシステムを作ったときには、きっと税金だけでやっていけるほどの医療費しか
かからなかったんだろうし、今は昔よりも複雑な機械を使った検査や高額の治療が
増えてるのも事実だもんね。はっきりいって、治療が患者に追いついていない状況。

NHSを一部民営化しようとしていて、いろいろと問題が上がってきているのだけど
(日本でもこういうの問題になってたっけ。)
だからといって、自分で健康管理しろって言われてもねぇ。。。
他にちゃんと国民が治療を受けられる、いい方法がないのかしら。。タダじゃなくてもさ。
日本のようにイギリスもこれからお年寄りが増えていくだろうし、どうなるんだろう。。
税金を払う人よりも、そういう福祉や補助を必要としている移民がどんどん増えているっていうのも
問題なんだろうな。



スポンサーサイト
イギリス事情 | 01:16:07 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。