■プロフィール

MOMO.UK

Author:MOMO.UK
2005年2月より、旦那様と2人でロンドンに暮らしています。昨年の4月に双子の娘(姫&ぶちょー)を出産。家族が増えました。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お金が入ると。。。

久しぶりにボランティアの話


週一で行っているボランティアですが、なにげに2年以上も経ちました。
初めはかなり貧乏なチャリティーだったのですが、つい半年前くらいに
イギリスのLOTTERY(日本で言う宝くじ)が売上金を寄付するいくつかのチャリティーの
ひとつに選ばれ、かなりの額(たしか一年間に2000万円くらいだったような)が
入ってくるようになりました。

今までは、それこそ無償のボランティアだけで、トイレやキッチンのタオルを
交代で洗濯してきたり、拾ってきた机を使ったりと、それはそれで成り立っていたのですが、
人間(というか会社)、お金があると変わるのですねぇ~。

まず、トイレに温風の乾燥機がとりつけられ、皮のソファーセットが入り、
新しい壁紙に、新しい鏡、今日行ってみたら、新しくドアにキーパッド式の鍵がついていました。

そして9月からはなんと事務の人を雇うらしい。
今までボランティアで事務をやってきていたビバリーというとても良い人がいたのですが、
新しい人を雇うにあたり、その子を含めて面接をしたところ、
すごくできるらしい他の人に決まったらしい。。

あまりオフィスに顔を出さないマネージャーという名ばかりの人に
「他の人に決めたとたんにビバリー、辞めちゃったのよ。ひどいわよねぇ~。どう思う?」と
言われたけれど、どうもこうも、私でも辞めちゃうヨ。

何ヶ月もやってきて、クライアントやクライアントを斡旋してくる会社の人とも
上手くやってきていたし、パソコンも使いこなしてデータ管理なんかも上手にやってたし、
彼女も無償でOKだったんだから、それでよかったのではないの??
最後にさよならすら言う事ができなかったし。。。
(これ、私の心の叫び。こんな風にはマネージャーには言えなかった。。←小心もん)

心配なのは、あまりに頭もよくて、できる人が入ってきても
きっとつまんなくて辞めちゃうこと。私も、もし日本語だったら、お金がもらえても
このチャリティーの事務の仕事はつまんないなぁーと思うはず。


来週からは電話の応対をしてくれるような事務の人がいないので、(新しい人は9月から
なんだと)夏休み。
ビバリーと8月もがんばろうね!って言ってたのに。。。

9月に行って、またすごい変わってたらどうしよう。
あまり無駄に改装なんかにお金を使わずに、有意義なお金の使い方をしてほしい。
例えば、いつも足りないバックや靴などを買うとかさー。
ボランティアに交通費を出してくれるとかさぁー。。。。



スポンサーサイト
ボランティア | 00:08:17 | Trackback(0) | Comments(2)
暖かくなると。。

最近のロンドンはとても暖かいです。
このあいだの日曜日は気温が26度まで上がったほど。
家の前の八重桜も満開。
桜が咲いているのを見ると、春だなぁ~と幸せな気分になるのは
やっぱり日本人なのねーー。

暖かくなると、花が咲き出して春の香り~♪といいたいところだけど、
他の匂いもきつくなる。。 それは体臭。

あんまり人種差別したくないけれど、やっぱりインド系の人とか黒人のひとは
体臭がすごい。。。
私が働いているボランティアにやってくるクライアントも結構すごい人多数!
だから夏は嫌なんだよな~。

みんな、着替えを何度もしているうちに暑くなって、汗もかくし、靴も探したりしてると
足のほうもすごい。。。もう1人帰ったらファブリーズをシュッ、シュッ355 って感じです。
今日来た人もすごかったー。着替え途中で出てきたら、脇毛もぼうぼうだったし12

これからもっと暑くなると、地下鉄やバスも恐怖だわ。 嫌だなぁ~。

そうそう、冷蔵庫ですが、2日ほど電源を切って入れなおしたところ
直りました~♪ ほんとによかったデス。
改めて、冷蔵庫がなかった時代は大変だったんだなぁ~と実感&冷蔵庫の大掃除ができました。



ボランティア | 02:54:00 | Trackback(0) | Comments(0)
やっぱり。。。

一週間前のブログに、私が働いているボランティア団体にかなりの額のお金が入ってきたと書いたのですが、今週行ってみて早速、購入されていたもの発見!

なんとそれはトイレで手を乾かす乾燥機。。。
ここにきたかー!という感じでした。
私個人的にこの乾燥機が好きじゃないのよね。
こっちには何処にいってもあるけれど、完全に乾くまで時間がかかるし、
それよりなにより電気代もかかるんじゃ。。
以前のように普通にタオル掛けにタオルがかかってたほうがよかったなぁ~。
と思うのはやっぱりハンカチの文化の日本人だからなのかしら。。

これからどんどん色々なものが変わっていくのだろうけれど、まずこれを買ったということに
ちょっとびっくりしたのでした。

今日はここ一ヶ月ほど手伝ってくれているお友達がいなかったので久しぶりに1人での仕事。
こういうときに限って、やってきたクライアントは50過ぎのおば様ばかり。

実は20代、30代のほうが簡単だったりする。
子供を迎えにいかなきゃとか彼女達は結構忙しいのです。
しかーし、50代のおばさまはすでに子供が成人していたりして、これから暇だし、
働くかーみたいな人達。
スーツもこんなのがいいなぁっていうのがすでに頭にあったりするらしく、
似合うものではなく、気に入ったものがみつかるまではしぶとく探すし、
褒めたりとか単純なおしゃべりさえ、普段あまりしていないのか、
その雰囲気が居心地よくなってしまう様子。
ほんとになかなか帰ってくれない。。。

今日は1時間おきに4人のクラアントが来たのですが、一人にかかった時間は1時間以上。
当然ずるずるとずれこみ、私はトイレに行く暇も座る暇もなく、くたくたで帰ってきたのでした~。



ボランティア | 18:28:52 | Trackback(0) | Comments(0)
寄付金

週一ですが続けているボランティア。
新しい年になってから、今まで資金調達として雇われていたマネージャーが急に
辞めたりして、バタバタしていました。
新しいマネージャーも決まり、ボランティアも新しい人がどんどん入って、古株となった
私にはちょっと居づらい感じすらあります。

会社だと、新しく入ってきた人に新しいアイデアがあっても、なかなか実行するというのは
難しいけれど、特に誰にも何の権利もないボランティア。ここのところあまりボランティア同士の
交流やミーティングもなく、まとめ役の人がいるわけでもないので、整理整頓しても
次の週には色んなものが移動されていたり、取って置きたい洋服の好みが違ったりと
なかなか難しいところ。

そんな時になんと宝くじからの寄付金が当たってしまいました。
このあいだ辞めてしまったマネージャーが1年くらい前からずっと申し込んでいたもので、
宝くじの収益の何割かがいくつかのチャリティーへ寄付されるというもの。
しかも総額£345、000(7000万円以上)を5年に分けて寄付してもらえるそう。

これでしばらくつぶれてなくなってしまうことはなさそう。
既にどういう風に使うか、色んな人が色んなアイデアを持っているみたいですが、
賢く使ってほしいもの。

私としてはボランティアの交通費は支給して欲しいなぁ~と(小さな望み。。)
思っているのだけれど、
来週行ったらいきなり机やソファーが新調されていたりして。。。



ボランティア | 19:11:16 | Trackback(0) | Comments(3)
ボランティアで思うこと

久しぶりのボランティア話題です。

最近は週一ですが、なんとか続けています。
実は私が働いているチャリティー団体には1人だけボランティアではなく
お給料をもらって働いている人がいて、その人が全体の統括や、資金調達を
していたのですが、何日か前にボランティア全員に”辞めます”というメールが
回ってきました。
ボランティアの私達は今後、誰からの指示もなく、このボランティアが
どのような方向に進んで行くのか、運営していく充分な資金がどのくらいあるのか。。
ということもわからずにちょっと焦っています。

辞めるのはいいけれど、どうして次の人を雇って、引継ぎなどをしないのかな。
彼女は結局一年ちょっとの間、資金調達をするためにかなり色々なところに
コンタクトを取ったり、名刺を残してきたりしているのに、彼女宛に電話が
かかってきても「すいません。もう辞めました」というしかない。。
もう次の人を雇えないほど資金が底をついているのかなぁ。。。恐ろしい。

もともとアメリカで生まれた団体だけれど、やっぱりアメリカと違って、福祉制度が
かなり充実しているイギリスでは、結局生き残っていけないチャリティーという
ことなのだろうか。イギリスで有名なチャリティー団体のCANCER RESEARCH
(癌の研究施設)は寄付金が多くて使い切れず、他の団体に寄付をしたらしいけれど、
うちの団体は電話代や家賃すら払えるかどうか。。。という感じらしい。

やっぱり女性限定ということもあるし、ただ面接用のスーツをあげているだけだから、
たとえ、それで会社社長にまでなった人がいたとしても、「ああ。あの時のスーツの
おかげだわ。あのチャリティーにどーんと寄付しましょ」と思うような人はいるわけない。

それなのに、資金調達の人が辞めてしまうなんて。。
一年前に少ない貯金の中から彼女の給料を支払って、より多くの資金を調達
してもらうように期待したのに、結局失敗でした。。ってことなのかな。

これからどうなっていくのか、ちょっと先行き不安です。。



ボランティア | 19:40:11 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。